氷川きよしのおねえ化に好感度多数!インスタに純白ドレス姿も披露!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



氷川きよしさんが演歌界のプリンスとして活躍してから、すでに20年が経とうとしています。

 

若くてかっこいい、歌の上手な青年・氷川きよしさんでしたが、実は氷川さんはみんなの期待する爽やかな青年を演じていることに辛いものを感じていたのだそうです。

 

演歌の王道を歩んでください!男らしく生きて貰いたい!と言われるのがとても辛いと、このほど胸中を吐露したのでした。

 

そして近頃、インスタに純白ドレス姿をアップした氷川さん。

 

そのドレスがウエディングドレスみたいで綺麗なんです!

 

氷川さんが隠し持っていた「自分の性分」というもの。

 

もうカミングアウトしちゃいなよ、と勧める人が多数いるのです。みんな分かっていたのですね。

 

今回は、氷川きよしのおねえ化に好感度多数!インスタに純白ドレス姿も披露!と題しまして、氷川きよしのおねえ化とインスタの純白ドレス姿に迫ってみたいと思います。

 

それではさっそく、本題へ入っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

氷川きよしのおねえ化に好感度多数!

 

氷川さん、そうだったんですね。。。

 

最近の氷川さんは、ムダ毛のない生足を始球式で披露したり、かつての王子様スタイルからミステリアスな雰囲気に変貌したりとビジュアルが変わってきていましたよね。

 

若く見えるけど、もう40歳になった氷川さん。

 

みんなが求める「氷川きよし」に徹してきたけど、それが辛くなったのだそうです。

 

「男らしく生きてほしいって言われると辛い。。。」と告白した氷川さんにネットの声はとても優しいのです。

 

いいと思う!逆に40年、氷川きよしを良く頑張ってきたと思う!
これからは新生、氷川きよしで、枠を取っ払って活動の幅を
広げてほしい。だって歌唱の実力は本物だから。

引用元:Yahoo!コメント

 

演歌界の人気を長らく支えて来たんだもん。
この頃は若い人もいっぱ出でてきて演歌界元気になったね。
一時期は一人で支えてる感あったし。
自由にやったらいいと思う。

引用元:Yahoo!コメント

 

トランスジェンダーなのかな?
頑張って演歌の道を突き進んで結果を残してるんだからこれからは好きなように生きていったら良いよね。
女性の噂がなかったから何となくそうなのかなと思ってたけど、今の時代は何も隠す必要なし!これからの彼が楽しみ。

引用元:Yahoo!コメント

 

男らしく女らしくてナンセンス。どちらでもない生き方もあっていい。性別にこだわらなくていい。自分は自分。氷川くんが女でいたいのか、どちらもありでいたいのかわからないけど、どうとか決めつけなくていいと思う。

引用元:Yahoo!コメント

 

このように、氷川さんの思うように生きたらいい、という寛容なコメントが多く見られました。

 

何年か前に、俳優の村松雄基さんと付き合っていると週刊誌にスクープされたときには、ええっ?と信じられませんでしたが、今回の告白を聞くと納得している自分がいます。

 

たしかそのときに、氷川さんと村松さんは所謂「恋人つなぎ」をしていたそうです。

 

そして村松さんは、いまだに独身だとか。

 

公然の秘密なんですね!

 

氷川きよし・インスタに純白ドレス姿も披露!

 

 

ドレスがとても綺麗ですね。

 

氷川さんは、ずっとこういうドレスに憧れていたのでしょうか。

 

Instagramのコメントに、

 

あなたがいるから世界は美しい
何が起きても構わない
何も怖くない

あなたがいるから世界は美しい
あなたがいるから世界は素晴らしい

出典:instagram

 

こんなコメントをつけているのも意味深です。

 

ただ、ちょっと気になるのですが、今回の告白が新曲のプロモーション?ということはありませんよね?

 

もし、新曲のためのカミングアウトだとしたら、それはそれでスゴイプロ根性です。

 

プライベートもすべて晒して、新曲にかける氷川きよしさんだとしてもセコイとは思いません。

 

また度肝を抜かすような発表を待っていますね、氷川さん!

 

まとめ

 

今回は、氷川きよしのおねえ化に好感度多数!インスタに純白ドレス姿も披露!と題しまして、氷川きよしのおねえ化とインスタの純白ドレス姿に迫ってみました。

 

純白のドレス、生地はシフォンでしょうか。

 

おなじものを求める花嫁さんもいるかもしれませんね。

 

楽天で似た感じの純白ドレスを探してみましたが、あそこまでドレッシーなのは見つかりませんでした。

 

それでは今回はここまでとさせていただきます。ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク