泉ピン子の性格と評判!えなりかずきとの仲は?病気についても!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



泉ピン子さんとえなりかずきさんは、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」で長年、共演しています。

ところが、ここにきて、えなりかずきさんがピン子さんと共演拒否しているそうなんです。

2人は、2015年に放送された特番を最後に共演していないのですが、その理由が脚本を手掛けている橋田寿賀子さんによって語られ、話題となっているのです。

明るいキャラクターのピン子さんですが、本当のところはどうなんでしょう?

今回は、

泉ピン子の性格と評判!えなりかずきとの仲は?病気についても!と題しまして、泉ピン子の性格と評判について、えなりかずきとの仲が悪いって本当?病気についても調査してみました。

みなさんの参考にして頂けると嬉しいです!

ということで、早速記事に移っていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

泉ピン子の性格と評判!

まずは、泉ピン子さんの性格から見て行きましょう。

私たちがテレビでみているピン子さんと、実際の仕事や仲間内でのピン子さんは別な顔を持っているのでしょうか。

物凄くアクの強い人だということは、皆さん感じているとは思いますが、実際にテレビで共演することも多い、安住紳一郎アナはピン子さんのことを、

ピン子さんはね、怖いことは怖いんですけど、すごく優しい人なんですよね

と語っているのです。

ピン子さんと最初に仕事をしたときに、安住アナは、あまりのストレートな物言いと当たりの強さに、「これはキツい。駄目かな…。」と思ったそうです。

でも、見ていると他の人にも同じように接しているので、悪意があってのことではなく、ストレートに行動しているだけの人、と気づいたのだとか。

それからは、上手くコミュニケーションが測れるようになったのだそうです。

 

また、梅沢富美男さんも、

「ピン子、一言多いからな~」

「アイツ、仕切るからね、なんでもかんでも」

と苦笑しながら語っていました。

察するに、愛情の押しつけが酷い。

鍋奉行を仕切る人、みたいな感じなのでしょうか、ピン子さん。

確かに、テレビ番組でも、人の意見をきかず、時間に関係なくしゃべっている場面をみたことがありますが、なかなかシンドイ人だなという印象を持ったものでした。

 

泉ピン子とえなりかずきとの仲は?

そして、えなりかずきさんとの仲ですが、「渡る世間は鬼ばかり」の脚本を書いている橋田寿賀子さんが

一緒にいると発疹が出たり、おかしくなると文句を言うえなりを橋田寿賀子が『話したくない』と批判

しているというのですから、問題は深刻です。

ネットでは、

確かに、やっとの思いで橋田さんに相談したのに、文春で事の顛末をバラされて、えなりさんの立場がないですよね。

さらに橋田さんは、

一緒に出るとえなり君は発疹が出たり、おかしくなるんですって。それを聞いて、私、えなり君にものを言うのも嫌なのね。そういう申し出をすること自体、私は頭にくる

引用元:文春オンライン

折角相談した相手が、えなりさんを怒っていて、物を言うのも嫌とはこれまた、どうしたことなのでしょう。

橋田さんは御年、94歳で「渡る世間は鬼ばかり」の脚本家で、チームのドンなのですから、この人に言えば解決できるかも、とえなりさんは頼ったはずなのに。。。

えなりかずきさんは、3歳の頃に子役デビューしていますから、34歳ながら芸歴30年以上のベテラン。

ここにきて、自分がこんな目にあうとは予想もしなかったことでしょう。

 泉ピン子の病気とは?

泉ピン子さんは、1947年9月11日生まれ。

御年、72歳です。

女優さんとして活躍されていますが、世間では72歳といえば孫もいるおばあちゃんですよね。

そんなピン子さんに病気説が流れています!

どうやら、首を細かく振る本態性振戦という病気の疑いがあると。

など、気になるツイートがされているのです。

ちなみに、本態性首振りとは、頭が震える病気ですが、手が震えたり声が震えることもあるそうです。

ストレスがあったり緊張したりすると、症状が出てくるらしいですよ。

なお、この症状は命にかかわるものではなく、脳に異常があるというわけでないようです。

早い人では、40代から症状が出ることもあるそうです。

そして、ピン子さんの事務所では、

ご心配いただきありがたいですが、体調は何の問題もありません。あったらドラマ、できませんよ

こんなコメントを出しています。

体調は何も問題ない、ということですので、まだまだ元気なピン子さんが見れそうですね♪

 

まとめ

今回は、

泉ピン子の性格と評判!えなりかずきとの仲は?病気についても!と題しまして、泉ピン子の性格と評判について、えなりかずきとの仲が悪いって本当?病気についても調査してみました。

橋田さんがピン子さんに訊いたところ、ピン子さんが言うには、

「イジメた覚えは全くない」

「嫌われたらしょうがない」

と語っていたとか。

でも、実際にえなりさんはピン子さんと共演すると、身体に発疹ができるほど拒否反応がでているのですから、「嫌われたらしょうがない」では、解決しないと思うのですが。。。

ここまでこじれた人間関係って、なかなか厄介なものですね。

それでは今回は、ここまでとさせていただきます。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。