実家の母の認知度が進み、新しい施設に馴染めない

スポンサーリンク



スポンサーリンク



母の認知症が進んできている。

新しい施設に入ってから、排便がうまくいかず、

これまではトイレつきの部屋だったので、わからなかったが、

母は新しいことが覚えられない。

いまの部屋には、洗面する場所はあるがトイレがない。

ないと言っても、すぐ隣がトイレなのだが、

そこが覚えられない。

部屋におまるを置いてそこにさせているのだが、

おしっこの入ったバケツを洗面所に流したり、

窓から捨てようとするらしい。

ある日、職員さんが母の部屋の異様な匂いに気づき、

臭いの元を探したところ、

ハンカチに大便を包んで洗濯籠にいれていたらしい。

こんなこと、初めてで、

聞いた時には本当にショックだった。

なんで私の母がそんなにボケてしまったのか、

理由を探しても詮無いけれど、どうしても思ってしまう。

施設のひとはとても親切にしてくれて、本当にありがたい。

姉と私は帰り道、すごく暗くなる。

姉はもう、70を過ぎているし、自分の健康にも自信がなく、

自分も母のようになったらと心配している。

姉は乗り物によわく、母のところに来るには私の車で来るのだが、

それすらも酔い止めの薬を飲んでくるらしい。

帯状疱疹、耳鼻科通い、起きるといつも頭痛がするなどなど

いつも体調が悪いあね。

母のほうが認知症を別にすれば、健康なのだ。

本当に困ってしまう。

こんな日が来るなんて、父が生きているときには考えもしなかった。

ともかく私は健康でいないと。

スポンサーリンク





スポンサーリンク