実母、ケアハウスに入居

スポンサーリンク



スポンサーリンク



ケアハウスに入居の契約に、兄が新幹線で来てくれました。

こういう施設はお金がかかるため、保証人がしっかりしていないと、
入居の許可がおりません。

また、毎月の支払いは、母の通帳から引き落とされます。

つまり、本人に収入がなければ、施設には入れないのですね。

幸いにも母には、父の年金が半分おりていて、
それに自分の年金を足すと支払いはできると判断されました。

よく父が生前、自分が死んだら半分は母さんにいく、と話していたのですが、
本当にそのとおりで、この年金がなければ母はどうなっていたのか。

そう思ったらゾッとしました。

お金って本当に大事。

この父の半分の年金がなければ、子供たちが負担しなければならず、
それを思うと父には感謝の気持ちしかありません。

父は母のみならず、私たち家族の生活も救ってくれたのですから。

johnhain / Pixabay

ケアハウスに入居の日、母は不安そうでした。

近所の人も集まってきて、
「まだ、早いんじゃないか」「かわいそう」
などと言われました。

近所の人がそう思うのも無理がありません。

認知症という病気は、家の人にしかわからない。

他人に合うとシャッキッとして、受け答えも普通なんです。

娘の私でさえ、ずっと信じられませんでした。

あの明るい社交性のある母が認知症なんて・・・。

そんなタイプではない人なんです。

外面の良さは驚くほどです。

他人に親をそんなところに入れてと非難の目でみられながら、
介護をする身に、

なったことにはわからない介護の辛さ。

これは体験しないとわからない、
体験したってその体験は個々様々ですから、
耐えるしかないのです。

Pezibear / Pixabay

スポンサーリンク





スポンサーリンク