認知症は発見が難しい・兄弟で力を合わせて母をみる

スポンサーリンク



スポンサーリンク



母の施設がやっと決まる。

老人ホーム。

姉と見学に行ってきた。

平屋の新しめの建物で、職員さんもたくさんいて、

入居者は60名だという。

3月26日に空きができるので、それまで手続きすることになった。

母の状態をいろいろ聞かれた。

いまいる施設は、ケア・ハウスで認知症の軽い症状の人はいるけど、

母のように、家族の顔もわからないほど症状の進んだひとはいない。

認知症の恐ろしいところは、一見普通に見えるところだ。

施設の人にいわれても、そうかなぁ…と思ってしまう自分がいるから厄介なのだ。

とにかくいまの施設は早くでなくてはならない。

「出てほしい」と言われたのだから、従わなくては。

向こうも次の人を探す予定もあるだろうし。

7年間もお世話になったのだから、感謝である。

つぎの施設は、母の終の棲家になるのだろうか。

入居の契約のため、兄が神奈川から来てくれる。

長男のやくわりが、70すぎた兄にずっしり重い。

母は病気もなく認知症以外はまったく元気なので、この先もずっと介護は続く。

スポンサーリンク





スポンサーリンク