私の老後の楽しみ方!お金がかからない趣味を満喫すること!!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



夫がまだ現職のときには、老後はたまに二人で旅行するとか、コンサートを見に行くとか出来たらいいなと思っていました。

けれど、実際に老後に向き合っているいま、それはなかなか現実的ではありません。

義父母を見送って旅行でもどこでも行ける環境になったのに、それが面倒になったのです。

よく若いうちに歩けるときに歩いたほうがいいよと言われますが、真実なのかもしれませんね。

ですが、旅行にはいけないけどそれなりに毎日楽しく暮らしている私たちです。

今回は、私の老後楽しみ方お金がかからない趣味を探すこと!と題しまして書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お金のかからない趣味

 

お金がかからない趣味その1・読書(図書館か古本屋さんを利用する)

まず最初に挙げたいのが「読書

本があると毎日飽きません。

 

私は編み物や縫物が好きで、毛糸や生地をたくさん買い込んでいました。

そして、おばあちゃんになったら日当たりの良い縁側で、編み物がしたいなと思っていたんです。

毛糸で袖なしなんかどうだろう。

施設にいるお年寄りにプレゼントしたら、喜ばれるかな?

などとそんな老後生活を妄想していましたが、これは現実的ではありませんでした。

まず現代は手作りなんて喜ばれないよ、と夫に言われました。

 

生地や古着もたくさんため込んでいました。

毛糸で袖なしはちょっとパスして、雑巾作りをして寄付するのはどうだろうと考えました。

私は老後はボランティア活動をしなくてはならないと、ステレオタイプの考えの人だったのです。

それも夫に言ったら却下されました。

それって迷惑なんじゃない?とも言われました。

確かに雑巾って、タオルに比べて絞りにくいし乾きにくい。

自分が貰って嬉しいかと言いますと、ノーです。

 

そんなことで目下の楽しみ、一番は読書です。

本は子供のときから大好きでした。

覚えているのは小学校3年の時に、石川達三の「48歳の抵抗」という本を読んだこと。

いま我が家の孫が小学3年生なのですが、孫をみているとこんな小さな時に石川達三?とおませな自分に驚いてしまいます。

その本は漢字にルビが振ってあったので、何とか読めたし内容も理解できたのだと思います。

しかし、ネットでみると皆さんこの頃に大人の本に接しているようです。

まあ、娯楽の少ない時代ならではのエピソードなのかもしれませんね。

 

私が図書館を初めて利用したのが、20歳のときです。

それまでも学校の図書館は利用していましたが、市立図書館は入ったことがありませんでした。

何が驚いたって、その蔵書量!

これ全部、死ぬまでには読みたい!と興奮したものです。

 

だって図書館は、どんな本だって無料です。

そして、借りると図書館の人に「ありがとうございます」まで言ってもらえるのですから。

お礼を言うのはこっちだ、と思いましたね。

小説はもちろんのこと、手芸の本や料理の本、写真集や画集まで全部タダ!

嬉しかったです!

図書館には本当にお世話になりました。

 

ただ、最近は返却が面倒になり、少し遠ざかっていて、古本屋さんで読みたい本をゲットしています。

古本屋さんも大好きな空間で、一時間くらい平気で見てしまいます。

本の背表紙を眺めているだけで幸せ気分。

そして、思いがけなく読みたかった本が見つかったときの喜び。

それが安く売られていたものなら、尚最高です。

 

作家の阿刀田高さんも仰っていましたが、本が好きだと一生退屈しない。

こんな経済的な趣味はないと。

本当にわたしもそう思います。

図書館で借りるとタダ、古本屋さんで買ったところで千円で何冊も買えるのですから安いものです。

夢はいつか、東京の神田古書街に行き、何日もかけてお店を回ってみたいと思っています。

宿泊は、ちょっと豪華なホテルをとって古書店巡り。

どんな本に出会えるのか、考えただけでワクワクが止まりません。

お金がかからない趣味その2・インターネット

私がインターネットを始めたのは、20年くらい前。

当時は、Windows98でした。

値段は、10万円くらいしたと思います。

そのパソコンはいじりすぎて、壊してしまいましたが。

初めて触れたパソコンは、設定もできなくて電気屋さんに頼みましたが、その人もあんまり出来なくて汗だくでやってもらったことを覚えています。

そのころの接続はダイアルアップ方式。

パソコンを使っていると電話が使えないので、義父母に遠慮しながら繋いでいましたね。

 

インターネットは活字好きを救った、などと言われていますが、活字好きな私がのめりこんだのも当然だったのかもしれません。

楽しくて楽しくてネットサーフィンを続けているうちに、一か月の支払額が3万を超えたこともありました。

 

当時はお金のかかる趣味でしたが、年金生活に入った現在は光の使い放題に入っているので、夫と私、それぞれが部屋でネットし、居間にも一台おきyoutubeを聞きながら楽しく運動もできているのですから、安いものです。

パソコンがあるために、新聞も取らなくてもいいし、ニュースも天気予報もチェックできるので、お金がかからない趣味とは言えないまでも、年金生活の私たちには強い味方と言えるでしょう。

大した変化のない私たちの生活に、彩りを添えてくれるパソコン。

時々、人の名前が出てこなかったり、漢字を忘れたりしますが、パソコンで調べて即解決!

ボケ防止にも大いに役立っているんです。

まとめ・インドアな趣味ばかり

お金がかからない趣味はその他には、リサイクルショップ通いで安くていいものをゲットする♪というものもあります。

リサイクル屋さんは、時に信じられないくらいいいものが安価で売られているので、宝探しみたいで楽しみなんです。

 

それから、老人の趣味として畑仕事はどうだろうと、トマトやナス、かぼちゃを育てたことがありましたが、カラスに狙われたり、虫が湧いてきたりしてやめました。

私たちには合わなかったみたいです。

きっと2人ともインドア派なのでしょうね。

 

ということで今回は、老後楽しみ方お金がかからない趣味を探すこと!と題しまして書いてみました。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク





スポンサーリンク