檀崎竜孔の彼女と兄弟・両親や経歴!出身小学校と中学は?イケメン画像も!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは。

青森山田高校が、高校サッカーで優勝しましたね!

青森山田に2度目の優勝をもたらしたのは、背番号10の壇崎竜孔(だんざき りく)選手。

「この背番号をつけている以上、チームを得点にみちびかなくてはならない」

という強い使命感のもと、2得点を決めました。

卒業後はJ1札幌に入団が決まっている壇崎は、8年前の東日本大震災で祖母を津波で亡くしています。

今回は、壇崎にスポットを当てて、

檀崎竜孔の彼女と兄弟・両親や経歴!出身小学校と中学は?イケメン画像も!

と題しまして、檀崎竜孔の彼女と兄弟・両親や経歴!出身小学校と中学は?イケメン画像も!について調査したいと思います。

それでは早速、本題に行ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

檀崎竜孔の彼女と兄弟・両親や経歴!出身小学校と中学は?

最初に壇崎選手のプロフィールをみてみましょう。

名前:檀崎 竜孔(だんざき りく)

生年月日:2000年5月31日

年齢:18才

出身:宮城県名取市

身長:175cm

体重:65kg

ポジション:MF

中学:青森山田中学校

高校:青森山田高校

卒業後の進路:北海道コンサドーレ札幌

 

壇崎選手は、現在、山田高校の三年生に在籍しています。

卒業後は、コンサドーレ札幌に内定している選手です。

壇崎という珍しい苗字ですが、宮城県に多い苗字のようです。

全国にはおよそ、180人の壇崎さんがいて、そのうち130人が宮城県にいるということです。

 

壇崎選手は、宮城県名取市が地元。

一年生から、館腰サッカースポーツ少年団でサッカーをしていたのは、公表されているのですが、通っていた小学校の情報がなかなかないのです。

館腰サッカースポーツ少年団のブログを見てみましたら、練習場所は館腰小学校と書いてありました。

なので、もしかしたら館腰小学校に通っていた可能性もあるかもしれませんが、確証はもてません。

ちなみに、館腰サッカースポーツ少年団の住所は、宮城県名取市植松1丁目2?17となっています。

地図はこちらです。

小学校一年でサッカーを初めた壇崎選手は、ベガルタ仙台ジュニア時代には第36回全日本少年サッカー大会宮城県大会」で6年連続6回目の優勝を経験しました。

そして、ベガルタ仙台ジュニアユースに昇格が決まっていたのですが、本人の強い希望で青森山田中学への進学しました。

壇崎選手は、小6のときに青森山田中が全中(全国中学サッカー大会)で優勝をしたのを観て、中学サッカーで結果を出してから高校で名を上げたい、と考えたのだそうです。

小6というと、12歳。しっかりした考えを持っていたのですね。

好きなことを、早い時期に発見できたことが壇崎選手にとっては幸運だったのでしょうか。

いま、活躍しているプロサッカー選手の人たちも、子供時代から強い思いをもってサッカーをしてきた人ばかり。

壇崎選手も「「プロで活躍していずれは日本代表になる」という決意を話しています。

これからが本当に楽しみですね。

壇崎さんは、青森山田中学から青森山田高校に進みます。

実は壇崎さんは、高校サッカーに強い憧れを持っていたらしく、そのために青森山田高校に行きたいと考えたのだそうです。

12歳から寮生活になったわけですが、12歳と言えばまだまだ子供。

凄い決断だと思うし、ご両親も心配だったことでしょうね。

2011年に起きた東日本大震災が起きたときは、壇崎さんはまだ小学生でしたが、あの地震が少年の心に落としたものは強いのではないでしょうか。

壇崎さんは、津波でおばあさんを亡くしています。

ご家族は、父親、母親で、兄弟はいません。

壇崎さんは一人っ子なんですね。

それでよく、ご両親が青森山田への進学を許したものですね。

壇崎さんは、仙台の出身で同じ東北とはいえ、青森は遠い、しかも寒くて半端なく雪の降る地です。

青森で暮らしたことがありますが、降雪量は凄いですよ。

でも、サッカーに賭ける情熱のほうが優っていたのでしょう。

 

それと、壇崎選手の彼女情報は、見つけられませんでした。

何か新しい情報がでましたら、追記いたします。

イケメン画像も!

それでは壇崎選手の素敵な画像を紹介しますね。

▼こちらも合わせてどうぞ!

まとめ

今回は、壇崎にスポットを当てて、

檀崎竜孔の彼女と兄弟・両親や経歴!出身小学校と中学は?イケメン画像も!

と題しまして、檀崎竜孔の彼女と兄弟・両親や経歴!出身小学校と中学は?イケメン画像も!について調査しました。

青森山田高校が、高校サッカーで優勝しましたね!

青森山田に2度目の優勝をもたらしたのは、背番号10の壇崎竜孔(だんざき りく)選手。

「この背番号をつけている以上、チームを得点にみちびかなくてはならない」

という強い使命感のもと、2得点を決めました。

12歳で親元を離れて、寮生活をしながらサッカーで大成した壇崎さん。

これからの活躍に期待しています!

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク