飯田貴之が次代のエース!彼女や兄弟父親と母親経歴を調査!中学高校も!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



みなさん、こんにちは!

箱根駅伝で5年ぶりに優勝を逃した青学大の新チームが、「高根沢町元気あっぷハーフマラソン」に出場して、一年生の飯田貴之(1年)が自己ベストで優勝しました。

飯田は、「箱根駅伝は悔しい思いをしたが、来年度は青学大の新しい歴史を作れるように頑張りたい」と充実の表情で述べました。

箱根王座奪還を目指す青学大の新エース候補に名乗りを上げた飯田貴之選手は、どんな選手なのでしょうか。

気になったので調べてみました。

題しまして、飯田貴之が次代のエース!彼女や兄弟父親と母親経歴を調査!中学高校も!

ということで、飯田貴之が次代のエース!彼女や兄弟父親と母親経歴を調査!中学高校も!について迫りたいと思います。

それでは早速、本題に行ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

飯田貴之が次代のエース!

引用:ヤフーニュース

飯田選手は、中学時代から全国レベルの選手だと言われてきました。

その期待を背負って、第95回箱根駅伝では8区を走りましたが、惜しくも東海大に優勝を持っていかれ、涙をみせていたのが印象的でしたね。

高校時代は怪我が多かった飯田君ですが、青学のトレーニングで減少。

練習できたらここまで走れると、新しい自分を発見したと晴れやかに語っていた飯田君が素敵でした。

イケメンで走りが良くて、まさに飯田君は次代のエース。

みんなの期待が、どんどん高まっています。

彼女や兄弟父親と母親経歴を調査!中学高校も!

それでは、飯田貴之くんのプロフィールをみてみましょう。

名前:飯田貴之(いいだ たかゆき)

生年月日:1999年6月24日

出身地:千葉県

血液型:A型

身長:168cm

体重:54kg

出身中学:東庄町立東庄中学校

出身高校:八千代松陰高校

大学:青山学院大学(文化政策学部在学中)

そして経歴ですが、箱根駅伝の出場歴はもちろん、一年生ですから初めてのこととなります。

飯田君の自己ベストは、

5000m 14分07秒55

10000m 30分35秒45

ハーフマラソン 1時間3分39秒

このような成績になっています。

 

そして、兄弟や両親のことですが、情報は開示されていないので詳しいことは分かりません出た。

また、彼女についても情報はありません。

ただ、飯田君のツイッターに、お母さんに寄せる言葉が書いてありました。

  • 母親に送りつけたなり 勢い余って多かったなり 気づかれませんように🙏
  • お母さん、誕生日おめでとう。
  • もう、50歳なのであまり無理せずに、
  • 程々にお仕事頑張ってください。

こんなツイートをしていたんです。

飯田君のお母さんは、50歳になる方なんですね。

なんでも、飯田君は青学に入ることを家族を説得するのに、半年かかったそうですよね。

自分の希望を叶えてくれた母親に対して、誕生日に感謝のメッセージを送ったのでしょう。

この年代の子供が、親に対して感謝を口にできるなんてすばらしいことです。

こんなメッセージを息子からもらえるなんて、お母さんが羨ましいです。

飯田君は、中学時代は特に目立った記録がないのですが、高校のときには既に、駅伝で活躍していたようです。

このような画像が見つかりました。

<blockquote class=”twitter-tweet” data-lang=”ja”><p lang=”ja” dir=”ltr”>千葉県高校駅伝 男子<br>2位 八千代松陰 2º08′06″<br>1区 飯田貴之③<br>2区 佐藤一世①<br>3区 石井一希①<br>4区 守角隼③<br>5区 白鳥優人②<br>6区 富田峻平②<br>7区 中園慎太朗② <a href=”https://t.co/6mkvCEdDLE”>pic.twitter.com/6mkvCEdDLE</a></p>&mdash; さとる (@all_kanto) <a href=”https://twitter.com/all_kanto/status/924652189389242370?ref_src=twsrc%5Etfw”>2017年10月29日</a></blockquote>
<script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

既にこの頃から、エースの風格があったような感じですね。

これから先の飯田貴之君の活躍に、目が離せません!

まとめ

今回は、

飯田貴之が次代のエース!彼女や兄弟父親と母親経歴を調査!中学高校も!

ということで、飯田貴之が次代のエース!彼女や兄弟父親と母親経歴を調査!中学高校も!について調べてみましたが、いかがでしたでしょうか?

箱根駅伝で5年ぶりに優勝を逃した青学大の新チームが、「高根沢町元気あっぷハーフマラソン」に出場して、一年生の飯田貴之(1年)が自己ベストで優勝しました。

飯田君は、「箱根駅伝は悔しい思いをしたが、来年度は青学大の新しい歴史を作れるように頑張りたい」と充実の表情で述べました。

青学に新エース誕生ですね。

イケメンだし、走る姿に惚れ惚れしているファンの方も多いことでしょう。

これからも、飯田貴之君の活躍を見守っていきましょう!

それでは今回はここまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただいて、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク