日清陸上部活動大幅縮小!退部と内定取り消し阿鼻叫喚!選手の今後は?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは!

朝いちばんに、驚きのニュースが入ってきました。

ニューイヤー駅伝での優勝2回などを誇る強豪の日清食品陸上部活動縮小が決まったということです。

日清側の発表では、佐藤悠基選手と村沢明伸選手以外の12選手が退部で、2選手が内定取り消しとなるそうなんです。

内定取り消しになったのは、今年入社予定の大学四年生の二人。

卒業まで二か月のこの時期に、内定取り消しなんて…。ありえません。

日清食品って、経営状態が悪いのでしょうか。

この時期に内定取り消しって、この二名はどうしたらいいのでしょう?

あまりに気の毒すぎますよね。

退部を勧告された12選手だって、これまでたぶん、陸上ひとすじでやってきたと思うし、それが退部させられるなんて、もう阿鼻叫喚地獄ではないでしょうか。

今回はこのニュースをうけて、

日清陸上部活動大幅縮小!退部と内定取り消し阿鼻叫喚!選手の今後は?

と題しまして、日清陸上部活動大幅縮小!退部と内定取り消し阿鼻叫喚!選手の今後は?について調査してみたいと思います。

それでは早速、本題に行ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日清陸上部活動大幅縮小!

日清陸上部活動大幅縮小!を伝えるニュースソースはこちらになります。

 ニューイヤー駅伝(全日本実業団駅伝)優勝2回などを誇る強豪の日清食品グループ(G)陸上部が活動を大幅に縮小することが10日、分かった。9月に行われる20年東京五輪マラソン代表選考会(MGC)の出場権を持つ佐藤悠基(32)と村沢明伸(27)を除く12選手に退部を勧告。今春入社予定だった大学4年の2選手に対しては内定取り消しの連絡を行った。

マラソン日本記録保持者の大迫傑(27)=現ナイキ=らトップクラスの選手が所属し、近年まで日本長距離界を先導していた日清食品Gが突如、強化方針を大きく変更した。関係者によると、所属14選手のうち佐藤、村沢以外の12選手に対して退部を勧告し、競技続行を希望する選手には他チームへの移籍を支援、これを機に引退する選手は社業に専念してもらう方針を伝えたという。佐藤、村沢の残留は本人の意思次第とされている。今春入社予定だった選手と大学に対しては謝罪した上で他チームに所属できるよう尽力すると約束する連絡があった。現大学3年生の超有力選手が入社の意思を固めていたが、白紙に戻った。日清食品Gは今年のニューイヤー駅伝で16位に終わるなど、最近は著しく低迷していた。

引用元:ヤフーニュース

ツイッターでも哀しいニュースだとツイートされています。

ツイッターではみんな、ひどい、選手がかわいそう、もっとやり方がなかったのかという声があふれています。

退部と内定取り消し阿鼻叫喚!

もう、こんな姿は見られないのですね。

テレビの前で応援するのが、正月の楽しみだつたのに…寂しい気持ちでいっぱいです。


選手の今後は?

突然、目の前の道が無くなった格好の12選手の今後はどうなるのでしょうか?

関係者によると、所属14選手のうち佐藤、村沢以外の12選手に対して退部を勧告しするそうです。

もし、競技続行を希望するならば、その選手には他チームへの移籍を支援もするとか。

これを機に引退する選手は社業に専念してもらう方針だということです。

これまで、社業とスポーツの両輪でやっていたものが、社業一本にしてくれ、ということですよね。

今春入社予定だった選手と大学に対しては謝罪したそうです。

そのうえで、他チームに所属できるよう尽力すると約束したということで、放り出すのではないことで少しは安心しました。

現大学3年生の超有力選手が入社の意思を固めていたそうですが、今後のことは白紙に戻ったそうです。

まとめ

今回は

この日清陸上部大幅縮小のニュースをうけて、

日清陸上部活動大幅縮小!退部と内定取り消し阿鼻叫喚!選手の今後は?

と題しまして、日清陸上部活動大幅縮小!退部と内定取り消し阿鼻叫喚!選手の今後は?について調査しました。

ニューイヤー駅伝での優勝2回などを誇る強豪の日清食品陸上部活動縮小が決まったということです。

日清側の発表では、佐藤悠基選手と村沢明伸選手以外の12選手が退部で、2選手が内定取り消しとなるそうなんです。

内定取り消しになったのは、今年入社予定の大学四年生の二人。

卒業まで二か月のこの時期に、内定取り消しなんて…。ありえません。

日清食品って、経営状態が悪いのでしょうか。

この時期に内定取り消しって、この二名はどうしたらいいのでしょう?

あまりに気の毒すぎますよね。

でも、これも時代の流れなのかもしれませんね。

親会社が景気悪ければ、スポーツどころではありませんし。

受け入れなくては、いけないことかもしれません。

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク