移住者無視はどこでいつから?転居の男性提訴!泥沼訴訟の行方は?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



みなさま、こんにちは!

大分県に移住した男性(73)が、移住先の元自治区長の男性ら(70)を提訴しました。

この男性は、2008年2月に集落に家を建て、親子3人で暮らし始めました。

ところが、自治会の運営方法などに疑問を抱き、自治会を退会してしまいます。

村人の虐めは、ここから始まったのです。

集団無視やごみ出し禁止、生活雑用水の池からの取水妨害など村八分扱いを受けた男性は、転居を余儀なくされました。

最初は希望に燃えて移住した村で、移住者無視はどこでいつから、いったい何があったのか。

今回はこの問題にせまってみたいと思います。

題しまして、

移住者無視はどこでいつから?転居の男性提訴!泥沼訴訟の行方は?

ということで、移住者無視はどこでいつから?転居の男性提訴!泥沼訴訟の行方は?について調査しますので、ご参考になれば幸いです。

それでは早速、本題に行ってみましょう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

移住者無視はどこでいつから?

大分県の中部の集落。

ここに今回、提訴した男性は希望をもって移住しました。

きっかけは、集落に住んでいた知人の男性から勧められたから。

男性はいまは故人となりましたが、歓迎するからと強く勧めてくれたのです。

提訴した男性には、障害のある息子さん(46歳)がいましたが、ここなら家族3人仲良く暮らせる。

提訴した男性はそのように思い、最初は村の人とも仲良くやっていたのです。

しかし、自治会の運営方法などで、元区長の身勝手な振る舞いが多く意見の相違が目立つようになりました。

男性は、ついていけないと思い自治会を退会してしまったのです。

メンツをつぶされたのは、元区長。

ここから、集団無視やごみ出し禁止、生活雑用水の池からの取水妨害などの、壮絶な村八分が始まったのでした。

移住者無視はどこでいつから?:転居の男性提訴!

元区長が言うには、この10戸ばかりの集落にきてくれて、最初は歓迎した。

池の水が使えるように、集落世帯の同意をとりつけたのも自分であること。

また、男性より早く集落に移住した6家族は、集落に溶け込んでいる。

住みにくいと思わないでもらいたい。

彼らは勝手に出て行ったのだ。

このように提訴された元区長は反論します。

 

男性はこの集落に10年住みました。

そしていまは、妻(72歳)と二人のアパート暮らし。

長男は、施設に逆戻りしました。

家族バラバラのため、年金暮らしなのに、出費はかさみます。

楯突いたからと言って、他人の生活まで脅かし、人の人生を狂わせるほどの仕返しをする必要があるのか。

男性はこのような思いのもとに、元区長らを提訴することに踏み切ったわけです。

 

移住者無視はどこでいつから?:泥沼訴訟の行方は?

九州と聞くと、西郷隆盛を思い浮かべる私は、こんな陰湿な移住者虐めが存在することが信じられません。

最初の傷が浅いうちに、誰かが仲直りさせてくれたらこんなことにはならなかったと思います。

移住した男性も、家族を守るためにもっと慎重にやるべきでした。

何故かといえば、その地区に元からいる人は、家庭で言えば舅、姑。

やはり、敬意をもって接するべきだった。

勿論、村人の無視や、ゴミ出し禁止、気の毒だとはみんな思っていたでしょう。

しかし、それを手助けしたら自分の身が危ないのです。

 

今回の訴訟の主人公は、双方70代の男性ですよね。

わたしはここに、この争いの原因があると思います。

この年代の男性って、頑固なんですよね~。

人に頭を下げることができない年代です。

でも、考えてみてください。

障害のある長男さんは、ご両親が亡くなってからも生き続けなくてはなりません。

その長男さんに、家を残しておくべきでした。

ご両親2人だって、まだ70代。

100歳まで生きる時代だと言われていますから、残り30年もあります。

その間ずっと、アパート生活するのですか?

アパート代はいくら?

もし、50,000円だとしたら、年間60万円が浮く計算になります。

障害のある息子さんに、残してあげれるじゃないですか。

それに、奥様だって。

女性は長生きですからね、ご主人が先に亡くなったら奥様は困ります。

アパートも貸してもらえないかもしれませんよね。

そんなことを諸々考えたら、訴訟なんかしないで、元区長さんに頭を下げるのが先だと思いますが。

いかがでしょう?

先に移住している6家族の方は、集落に溶け込んでいるじやないですか。

村人が、鬼でも蛇でもない証拠です。

みんな本当は、移住してくれて感謝しているはずですよ。

私は、いまからでもいいから、謝罪して仲直りして、その集落に住むべきだと思います。

家族のためなら、できるはず。


本当に、ツイートしている方々の言うとおりなのです。

ですが、私はやはり、仲直りしたほうが双方の得になると思うんですよね。

無理でしょうか。。。

移住者無視はどこでいつから?:まとめ

今回は、

移住者無視はどこでいつから?転居の男性提訴!泥沼訴訟の行方は?

ということで、移住者無視はどこでいつから?転居の男性提訴!泥沼訴訟の行方は?について調査しましたが、いかがでしたでしょうか?

村八分、ようするに大人のイジメですよね。

子供にはイジメはいけない等といいながら、大人がしていたら示しがつかない。

こんな問題は、さっさと片づけて楽しく暮らすほうに目を向けて欲しいなと思います。

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク