猪股栄子顔画像と動機は?経歴や家族についても!死体遺棄容疑で逮捕

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは!

無職猪股栄子(いのまた・えいこ)容疑者(68)が死体遺棄容疑で逮捕されました。

猪俣容疑者は、仙台市太白区青山2丁目に母親と同居していました。

ところが23日朝に自宅が家事になり、焼け跡から女性の遺体がみつかったのです。

遺体は猪俣容疑者の母親ということがわかり、猪俣容疑者は死体遺棄容疑で逮捕となりました。

猪俣容疑者は、「母ともう少し一緒にいたくて、毎晩一緒に寝ていた」と供述していますが、どういうことなのでしょう。

今回は、猪股栄子顔画像と動機は?経歴や家族についても!死体遺棄容疑で逮捕と題しまして、猪股栄子顔画像と動機についてと、猪俣容疑者の経歴や家族についても調べてみましたのでご参考になれば幸いです。

それでは早速、本題に行ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

猪股栄子顔画像と動機は?

まずは事件の概要をご覧ください。

引用元:JNN

仙台南署は24日、仙台市太白区青山2丁目、無職猪股栄子容疑者(68)を死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。23日朝に同容疑者の自宅が半焼する火事があり、女性の遺体が見つかり発覚した。

署によると、遺体は同居していた母ひで子さん(94)とみられ、猪股容疑者は20日ごろに死亡しているのを見つけたが、2階の寝室にそのまま放置していた疑いがある。

調べに対し「母ともう少し一緒にいたくて、毎晩一緒に寝ていた」と供述。亡くなった後、毎日、枕元に線香やろうそくを供えており、23日もお供えをして1階に下りた後、火が出たと話しているという。

引用元:Yahoo!ニュース

死体遺棄で逮捕された猪俣容疑者は、毎晩一緒に寝ていたと供述。

毎日、母親の枕元に線香やろうそくをそなえて弔っていました。

火事が起きたのは、母親の遺体を置いた二階の部屋からということなので、ろうそくや線香の不始末が原因と見られています。

母親が亡くなったのが20日ですから、死後3日くらいたっていたのですが、遺体をそのままにしていたことで逮捕となりました。

母親ともう少し一緒にいたかったと供述する猪俣容疑者の心情には、とても同情してしまいます。

でも、法律に背いているのでこんかいの逮捕となったわけですよね。

今回の犯行の動機が、母親ともう少し一緒にいたかったという、娘の切ない気持ち。

母親が大好きだったのでしょう。

肉親を突然なくす経験をすると、たしかに亡くなったのが信じられない気持ちになります。

亡くなったからといって、そんなにすぐに死体処理などできないのです。

これが病院で亡くなったのなら、病衣側がてきぱきと処理してくれるのですが、自宅で亡くなった場合ですよね。

問題は。

私も義両親の介護をし、見送りましたが自宅で亡くなったらどうしたらいいのかと、いつも夫と話していました。

猪俣容疑者の顔画像を探しましたが、公開はされていませんでした。

公開されましたら、こちらに追記したいと思います。

経歴や家族についても!

引用元:JNN

火災となった猪俣容疑者の家は、密集した住宅の一角にあります。

画像の右側の家が、猪俣容疑者の家ですが、隣ともとても近いですよね。

こんな住宅密集地域にいて、猪俣容疑者はご近所と仲良く、年老いた母親と一緒に生活していたのでしょう。

家族やこれまでの経歴を知りたくてしらべてみましたが、母親と同居していること以外は分かりませんでした。

ご主人やお子さんがあったのかも気になります。

遺体の母親は司法解剖の結果、吐いた物をのどに詰まらせたことによる窒息死と判明しました。

老人になると、のどに詰まらせることはよくあります。

猪俣容疑者は、母親を自宅で介護していたのでしょうね。

ディサービスを使っていたら、職員がお迎えにくるので、亡くなったのがわかりますし。

死体遺棄容疑で逮捕

引用元:JNN

猪俣容疑者の火災のあった家付近では、ご近所の人たちが心配そうに集まっていました。

出火原因は、遺体の枕元にあったロウソクか線香の火が燃え移ったためと見られています。

火災で母親の遺体が発見され、猪俣容疑者は死体遺棄の疑いで逮捕となりました。

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

ネットの声

・死体遺棄容疑って可哀想だな。他に言いようはないのかね。火を出してしまったのは過失だけど、もう少し一緒にいたいと言う心情は無下に否定するのが憚られる。

・そういったあなたでもお母様はあなたの味方です。きちんと罪を償ってお母様の墓前にお参りできる日が早く来ることを念じています。

・母子2人暮らしだったのかな。
娘も高齢に差し掛かる年齢でそれまでずっと寄り添いお世話もしてきたのだろうに、寂しい気持ちが大きかったんだと思う。
僅か4日でも死体遺棄…。
出火で助かったのは幸いですがなんだかやるせない事件ですね。

実際そうするか否かは別として
親や恋人、夫婦との死別で肉体が朽ちても側に居たいという事を
思ったりする人はわりと居たりする。

・悪意をもってやる人と、こんなに切ない理由の人とでも同じ死体遺棄容疑という罪になるのですね。はぁ、なんだかじんじん伝わってきてとても切ない気持ちになりました。。気持ち、分かるもんなぁ、、。捕まえる警察も同じ気持ちなんでしょうけどね。

・人によっては亡くなっても気持ちの切り替えができない方もおられると思う。手にかけたのならともかく この場合 少し同情します。周囲に相談できる人がいたらきちんとお別れの行事が出来たのに。。これからでも遅くないから きちんとお別れしてあげてください。

引用元:Yahoo!コメント

このように、猪俣容疑者がしたことに対して、ネットでは同情の声でいっぱいでした。

悪意をもっていたわけではない猪俣容疑者が、死体遺棄という罪名がついたのも納得いかないという意見も多く、逮捕は気の毒な気もします。

たぶん、警察のほうも事情を考慮してくれるのではないかと期待しています。

まとめ

今回は、今回は、猪股栄子顔画像と動機は?経歴や家族についても!死体遺棄容疑で逮捕と題しまして、猪股栄子顔画像と動機についてと、猪俣容疑者の経歴や家族についても調べてみましたのが、いかがでしたでしょうか?

無職猪股栄子(いのまた・えいこ)容疑者(68)が死体遺棄容疑で逮捕されました。

猪俣容疑者は、仙台市太白区青山2丁目に母親と同居していました。

ところが23日朝に自宅が家事になり、焼け跡から女性の遺体がみつかったのです。

遺体は猪俣容疑者の母親ということがわかり、猪俣容疑者は死体遺棄容疑で逮捕となりました。

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク