菊地啓之妻殺害容疑で逮捕!天童市夫81歳妻71歳!?高齢者夫婦に何があった?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



みなさま、こんにちは。

新年そうそう、またも哀しい事件が起きてしまいました。

菊地啓之(81歳)が妻(71歳)の首を絞め、妻殺害容疑で逮捕されたのです。

殺害があったのは、山形県天童市の民家。

菊池容疑者は、警察署に自ら訪れ、同居している妻の「菊池 琴子」さん(71)が死亡したこと。

そして、殺人などをほのめかす供述をしたということです。

高齢の夫婦に一体何が起きていたのでしょう。。。

今回は、この事件にスポットを当て真相に迫ってみたいと思います。

題しまして、

菊地啓之妻殺害容疑で逮捕!天童市夫81歳妻71歳!?高齢者夫婦に何があった?

ということで、

  • 菊地啓之妻殺害容疑で逮捕!
  • 天童市夫81歳妻71歳!?
  • 高齢者夫婦に何があった?

について調査しました。

それでは早速、本題に行ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

菊地啓之妻殺害容疑で逮捕!天童市夫81歳妻7歳!

事件の概要はこちらです。

山形県天童市の民家で71歳の妻の首を絞めて殺害したとして81歳の夫が逮捕された。

殺人の疑いで逮捕されたのは、天童市久野本2丁目の会社役員・菊地啓之容疑者(81)。警察の調べによると、菊地容疑者は14日午後7時ごろから15日午前4時半過ぎまでの間に、自宅1階の寝室などで妻の琴子さん(71)の首をひも状のもので絞めるなどして殺害した疑いがもたれている。

菊地容疑者は15日午前4時半過ぎ、天童警察署を訪れ、「妻が倒れている」などと供述。警察が1階にある脱衣所で死亡している琴子さんを発見したという。

調べに対し、菊地容疑者は容疑を認めていて、警察は動機や死因などについて調べを進めている。

引用元:NNN

本当に悲しい事件です。

菊地容疑者は警察に自主しましたが、その時間が朝の四時半。

まだ外は真っ暗で、本来だったら布団の中で、ぐっすりと眠っている時間帯。

そんな暗い道を、菊地容疑者はひとりで警察に向かっていった。

もし、自分の親だったらと考えると、本当につらい。

まだ事実関係は明らかになってはいませんが、菊地容疑者が妻を老々介護していたのなら、疲れていたと思います。

お子さんはいなかったのでしょうか。

ヤフーのコメント欄にも、

加齢で前頭葉の働きが弱くなることで怒りが暴走しやすくなることが判明しているが、
こういった事件において、それが影響した可能性は否定できないだろう。

 

2、3日に1回は、同様の事件を目にしてる気がします。これから、益々高齢化が加速するのに、何の対策もしないみたいね。

 

介護疲れからかなぁ・・・・
本人も家族もが望んでも国が尊厳死を認めないから悲劇は止まらないな

 

等々、高齢化が加速している問題と老々介護について疑問を嘆かれています。

私も、認知症の義母を何年も介護した経験がありますが、介護体験はしてみないと絶対分かってもらえない。

自分の身体だってしんどいのです。

それを押してお風呂にいれてあげたり、褥瘡ができないように身体の位置を変えてあげたり、食事、排泄の世話。。。

この事件においては、何が原因かまだ分かっていませんが、菊池容疑者がひとりで妻の介護をしていたのなら、大変だったろうなと思います。

もちろん、犯罪を肯定しているわけではありません。

ただ、この寒空の中、高齢者が囚われの身となったことに、同情するだけです。

天童市民家で高齢者夫婦に何があった?

犯行があった現場は天童市久野本2丁目の会社役員・菊地啓之容疑者の自宅。

地図はこちらです。

菊池容疑者は一階の寝室で、妻の琴子さんの首を絞めたと供述しています。

高齢者夫婦の哀しい事件。

81歳の夫は、自首をしています。

拘置所は、高齢の身には辛いでしょう。

警察の発表がないので、これ以上はわかりません。

詳細が分かり次第、こちらに追記したいと思います。

▼合わせてこちらもどうぞ!

まとめ

今回は、

菊地啓之妻殺害容疑で逮捕!天童市夫81歳妻71歳!?高齢者夫婦に何があった?

ということで、

  • 菊地啓之妻殺害容疑で逮捕!
  • 天童市夫81歳妻71歳!?
  • 高齢者夫婦に何があった?

について調査しました。

新年そうそう、またも哀しい事件が起きてしまいました。

菊地啓之(81歳)が妻(71歳)の首を絞め、妻殺害容疑で逮捕されたのです。

殺害があったのは、山形県天童市の民家。

菊池容疑者は、警察署に自ら訪れ、同居している妻の「菊池 琴子」さん(71)が死亡したこと。

そして、殺人などをほのめかす供述をしたということです。

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク