毎日新聞常務妻の増田ルミ子容疑者をクスリ逮捕!自宅で隠し持つ?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは!

自宅マンションにクスリを所持していたとして、女が逮捕されました。

逮捕されたのは、毎日新聞社常務取締役の妻で、増田ルミ子(ますだ・るみこ)容疑者(46)

自宅で夫婦で暮らしていました。

逮捕容疑は、自宅で微量のクスリを所持していた取締法違反。

警察関係者の話では、密売グループの捜査過程で客の1人として増田容疑者が浮上。

警察では、クスリの使用容疑でも調べるということです。

社会の公器である新聞を作っている新聞社常務取締役の妻が、どうしてこのようなことになったのでしょう。

今回は、この事件に迫ってみたいと思います。

題しまして、

毎日新聞常務妻の増田ルミ子容疑者をクスリ逮捕!自宅で隠し持つ?

ということで、毎日新聞常務妻の増田ルミ子容疑者をクスリ逮捕、自宅で隠し持っていたのか、について調査したいと思います。

それでは早速、本題に行ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎日新聞常務妻の増田ルミ子容疑者をクスリ逮捕!


自宅でクスリを所持したとして、兵庫県警は7日、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、東京都中央区にある広告会社の社員増田ルミ子容疑者(46)を現行犯逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。県警は同日、増田容疑者が職場として日常的に出入りしていた読売新聞東京本社(同千代田区)14階の一角を家宅捜索した。

逮捕容疑は7日午前、東京都新宿区の自宅マンションでクスリを所持した疑い。

読売新聞グループ本社広報部は「当社は事件とは一切無関係であるのに、当社の関連会社が取引先の作業用に貸していた机の引き出しが警察の捜査対象となり、大変迷惑している」としている。

引用元:共同通信

 

増田容疑者は、毎日新聞社常務取締役の妻ということですが、毎日新聞社では、

「増田という姓の取締役がいることは間違いないが、容疑者との関係は不明です。ただいま事実関係を確認しています」

このように、話しています。

また読売新聞社とも関係がないのに、読売新聞の名前が出たのは、増田容疑者が使っていた机が読売新聞社からの貸与によるものだったから。

増田容疑者が勤めていた広告制作会社には、読売新聞東京本社の関連会社が業務を委託していて、作業用に机を貸していたところ、増田容疑者がこの机を使っていたため、捜査対象となったわけです。

増田容疑者の逮捕によって、夫、務めていた広告会社、仕事を委託していた読売新聞社も名前を出された。

さまざまな方々が大迷惑をこうむっています。

自宅で隠し持つ?

増田容疑者は、東京都新宿区の自宅マンションでクスリを所持していました。

捜査関係者によると、密売グループの捜査の過程で増田容疑者が浮上したそうです。

県警は、クスリの使用容疑でも調べをすすめているところです。


増田容疑者のご主人の名前が特定されたようですね。

ただ、真偽のほどはわかりません。

また、新しい情報が入り次第、こちらに追記したいと思います。

ネットの声

読売と毎日はまだ?
家宅捜索現場、自宅取材、夫インタビューなどもお願いします。

本社が使ってる拡張員を調べてみたら?
すごくホコリ出る思いますけど。
シャブ、特殊詐欺、違法風俗、新聞の押し売り以外にもやりたい放題ですよ。

代理店の奴らは激務なので、元気になるお薬を使っている奴が多い。
精神を病む奴も多いので、合法的にお薬を手に入れている奴もいた。
飲み合わせによる相乗効果などやたら詳しかったが、勤務するビルから飛んだ。

これが朝日だったらネトウヨは大騒ぎするんだろうなぁなんなら「朝日や毎日ならあり得る」とかいうアホみたいなコメント残す奴は出そう読売新聞には→「捜査関係者らによると、増田容疑者は7日、自宅で微量のクスリを所持した疑い。県警は増田容疑者の自宅を捜索した。増田容疑者は毎日新聞社常務取締役の妻で、自宅に夫婦で暮らしていたという。」共同通信はなぜここを報道しないのだろう?ポン中 多いな( ゚д゚)
女性の方が抜け出せないからな。引用元:ヤフーコメント

読売新聞もとんだ迷惑をこうむりましたよね。

警察の捜査でまた新しい事実が発覚したら、こちらに追記したいと思います。

 

▼こちらも合わせてどうぞ!

まとめ

今回は、

毎日新聞常務妻の増田ルミ子容疑者をクスリ逮捕!自宅で隠し持つ?

ということで、毎日新聞常務妻の増田ルミ子容疑者をクスリ逮捕、自宅で隠し持っていたのか、について調査しましたが、いかがでしたでしょうか?

自宅マンションにクスリを所持していたとして、女が逮捕されました。

逮捕されたのは、毎日新聞社常務取締役の妻で、増田ルミ子(ますだ・るみこ)容疑者(46)

自宅で夫婦で暮らしていました。

逮捕容疑は、自宅で微量のクスリを所持していた取締法違反。

警察関係者の話では、密売グループの捜査過程で客の1人として増田容疑者が浮上。

警察では、クスリの使用容疑でも調べるということです。

社会の公器である新聞を作っている新聞社常務取締役の妻が、どうしてこのようなことになったのでしょう。

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク