増田ルミ子の夫は毎日新聞次期社長候補?妻がクスリ所持で現行犯逮捕

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは!

数日前に記事にした、毎日新聞の乗務の妻が現行犯逮捕された事件の続報です。

増田ルミ子容疑者の夫の名前は何かと、ネットでも取沙汰されていました。

毎日新聞に尋ねても、「同姓の社員はいる」と繰り返すのみで、はっきりしたことは分かりませんでした。

しかし、ここにきて増田容疑者の夫は、毎日新聞の次期社長候補なる人物だとわかりました。

今回は、この増田ルミ子の夫は毎日新聞次期社長候補?について迫ってみたいと思います。

題しまして、

増田ルミ子の夫は毎日新聞次期社長候補?妻がクスリ所持で現行犯逮捕

ということで、増田ルミ子の夫は毎日新聞次期社長候補って本当?妻がシャブ所持で現行犯逮捕なのに、夫は知らなかったってコメントは信用できるのか、について調査したいと思います。

ご参考になれば幸いです。

それでは早速、本題に行ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

増田ルミ子の夫は毎日新聞次期社長候補?


事件の概要はこちらです。

兵庫県警が東京に出張し、摘発した覚醒剤事件がメディアに波紋を広げている。自宅で覚醒剤を所持していたとして県警に7日、現行犯逮捕されたのは、東京都新宿区の増田ルミ子容疑者(46)。この増田容疑者の夫は、毎日新聞社常務取締役のAさんで大阪社会部に在籍していた頃は大阪府警などの担当をし、大阪本社社会部長、東京本社の局長を歴任した大幹部だったのだ。

「県警はネットで覚醒剤を売買する組織をずっとマークしていた。その時、注文を出したのが増田容疑者。そこで自宅に踏み込んで、覚せい剤の所持を確認できたので逮捕された。夫であるA常務も妻の逮捕後、兵庫県警の取り調べや尿検査まで受けたようだ。当然、反応は出なかったが、A常務は毎日新聞の次期社長は間違いなしの人物でした。これまで取引銀行との交渉を一手にやっていたのに…」(毎日新聞関係者)

引用元:aera.dot

この増田ルミ子の事件に関しては、こちらで記事にしています。

毎日新聞常務妻の増田ルミ子容疑者をクスリ逮捕!自宅で隠し持つ?

増田ルミ子容疑者は、夫と同居する自宅に覚せい剤を所持していたとして、現行犯逮捕されています。

自宅は、東京都新宿区のマンション。

警察が密売グループの捜査をしていたところ、その過程で増田容疑者が浮上したそうです。

ルミ子容疑者は、夫と二人暮らし。

夫は、京都大学の出身。若くから将来が嘱望されていた人だそうです。

ルミ子容疑者とはひと回り歳が違っていて、結婚したのは10年くらい前。

ルミ子容疑者は、46歳ですから、夫は56前後ということですね。

夫である常務も妻の逮捕後、兵庫県警の取り調べをうけ、尿検査までやったそうです。

当然、反応は出ませんでしたが、新聞社の乗務の妻がクスリ所持で逮捕となると、このままではいられないというのが、大方の予想。

ただ、ルミ子容疑者の夫はやり手で、毎日新聞社にはなくてはならない人物ということも確かで、関係者は頭を悩ませているようです。


県警は、クスリの使用容疑でも調べをすすめているそうです。

 妻がシャブ所持で現行犯逮捕

ルミ子容疑者は東京の広告制作会社に勤務し、読売新聞東京本社に出入りしていました。

このビルは読売新聞社のビルで、ルミ子容疑者は机を借りて使っていたのです。

この机を県警は丹念にしらべ、メモ用紙を六枚押収したのだそうです。

読売新聞は、ただ机を貸していただけなのに、名前を出されて大迷惑と困惑していますとコメント。

ルミ子容疑者のシャブ所持で、多くの人に迷惑がかかる形となってしまいました。

県警は、クスリの使用容疑でもルミ子容疑者を調べているそうです。

毎日新聞社常務の妻でありながら、競合する読売新聞社に出入りしていたルミ子容疑者。

ルミ子容疑者が、何故覚せい剤に走ったのか、、、

県警の調べが待たれるところです。

まとめ

今回は、

増田ルミ子の夫は毎日新聞次期社長候補?妻がクスリ所持で現行犯逮捕

ということで、増田ルミ子の夫は毎日新聞次期社長候補って本当?妻がシャブ所持で現行犯逮捕なのに、夫は知らなかったってコメントは信用できるのか、について調査しましたが、いかがでしたでしょうか?

数日前に記事にした、毎日新聞の乗務の妻が現行犯逮捕された事件の続報です。

増田ルミ子容疑者の夫の名前は何かと、ネットでも取沙汰されていました。

毎日新聞に尋ねても、「同姓の社員はいる」と繰り返すのみで、はっきりしたことは分かりませんでした。

しかし、ここにきて増田容疑者の夫は、毎日新聞の次期社長候補なる人物だとわかりました。

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク