明恵夫人のディドレス・デザイナーやブランドは?使いまわしに衝撃も!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



2019/10/22に行われた「即位正殿の儀」に出席した際の、明恵夫人のディドレスに注目が集まっています。

 

儀式に出席した明恵夫人のドレスの袖が膨らみすぎ、また着席したら膝が丸見えだったことから、和装にしたほうがよかったのでは?天皇即位の式典にふさわしくない、等々のツイートが多く見られました。

 

そこで今回は、明恵夫人のディドレスのデザイナーやブランドについて調べてみました。また、Twitterの画像から以前に式典で着たことがあるドレス、つまり使いまわしのディドレスではないか?との疑惑に関しても迫ってみたいと思います。

 

それでは早速、本題に行ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

明恵夫人のディドレスのデザイナーやブランドは?

 

明恵夫人のドレス、なかなか個性的でしたね?

 

袖が大きく膨らんで、膝丈だったのも斬新だなと思いました。しかし、天皇即位という厳粛な式典では少し浮いていた感じは否めませんでしたね。

 

明恵夫人のディドレスのブランドやディザイナーを調べてみたのですが、今までで着ていたドレスでは、日本ブランドの「まとふ」やツクダユキエさんデザインのドレスも愛用しているようです。

 

そして、特徴的な袖は「ベル・スリーブ」と言う名称の人気デザインで、オランダ王室のマキシマ王妃やベルギー王室のマチルダ王妃などが着用しているのです。

 

さらに、以前にも明恵夫人は袖の広がった洋服を着用しています。

 

 

ベルスリーブは、袖口部分の形状から手首を細く見せる効果があるそうで、隠れている腕自体も細く想像させるらしいので、明恵夫人の好みなのかもしれませんね。

 

明恵夫人のディドレス・使いまわしに衝撃も!

 

天皇陛下の即位の式典にお招きいただいた光栄に浴しながら、なんと明恵夫人のディドレスは以前にも着用したものであることが判明しました。

 

つまり、使いまわしのドレスだった!

 

なんだか、とても明恵夫人らしい大らかな感じはしますけどね。

 

ただ、この画像の明恵夫人は少し、バツが悪そうな表情をしています。

 

秘書が三人もついているというのに、注意してくれたらよかったのに。。。

 

まとめ

 

明恵夫人のディドレスのデザイナーやブランドについて調べてみました。また、Twitterの画像から以前に式典で着たことがあるドレス、つまり使いまわしのディドレスではないか?との疑惑に関しても迫ってみました。

 

明恵夫人が今までで着ていたドレスでは、日本ブランドの「まとふ」やツクダユキエさんデザインのドレスが多かったこと。

 

使いまわしのドレスではないかとの疑惑は、ツイッター画像で見た限りですが同じもののように見えます。

 

きっとお気に入りの洋服なのでしょうが、あの場には少しそぐわなかった気がします。

 

夜の晩餐会の席では着物をお召しで、綺麗でしたね。

スポンサーリンク





スポンサーリンク