今井尚哉の家族や家系と出身地・学歴と経歴!飯塚幸三との関係も!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



今井尚哉秘書官が首相補佐官に昇格しました。

首相秘書官に首相補佐官を兼務させる人事は極めて異例のことだそうです。

この人事で今井氏は、政策企画の総括担当となり、外交の重要課題全般に関わるものと見られています。

しかも、安倍総理の政策のほとんどが今井さんによるものだと言われています。

今井尚哉秘書官とは、いったいどのような人物なのでしょう。

今回は、

今井尚哉の家族や家系と出身地・学歴と経歴!飯塚幸三との関係も!と題しまして、今井尚哉の家族や家系と出身地・学歴と経歴について、あの飯塚幸三との関係についても迫ってみたいと思います。

みなさんの参考にして頂けると嬉しいです!

ということで、早速記事に移っていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今井尚哉の家族や家系と出身地・学歴と経歴!

今井尚哉(いまい・たかや)さんは、生年月日が1958年8月、年齢61歳。

出身地は栃木県。

父親は勤務医で、育ったのは、栃木県宇都宮市。

栃木県立宇都宮高等学校に入学しています。

栃木県立宇都宮高等学校は、偏差値が71で、栃木県内では1位の学校。

そして、東京大学法学部に進学します。

1982年に東大を卒業し、通商産業省に入省と、まさにエリート街道まっしぐらの人。

そして今は、首相補佐官という最重要ポストまで上り詰めたというわけです。

 

今井氏の家族で情報が公開されているのは、父親の職業だけ。

母親や兄弟については、まったく情報がありません。

ただ、叔父の今井善衛氏は、東大法学部卒の官僚、もう一人の叔父である今井敬氏は、日本経済団体連合会名誉会長を務めた人物で、このことからも錚々たる家系なのだろうと想像がつきます。

 

今井氏の経歴は、

  • 内閣総理大臣秘書官兼内閣総理大臣補佐官
  • 日本機械輸出組合ブラッセル事務所所長
  • 資源エネルギー庁資源・燃料部政策課課長
  • 経済産業省大臣官房総務課課長
  • 経済産業省貿易経済協力局審議官
  • 資源エネルギー庁次長

などを歴任。

安倍総理の信任が篤いのは、第一次安倍内閣で秘書官を務めたときに成果を上げたことで、安倍総理の知遇を得たと言われています。

それでは次に、今井氏に対するネットの反応をみてみましょう。

 

今井尚哉に関するネットやTwitterの反応

このように、Twitterでは今井氏のあまりいい話は聞けません。

ほんとうに今井氏は、「国民生活より安倍首相が第一」という考えなのでしょうか。

今井氏が秘書官兼補佐官としてさらに強大な権力を持つことに、不安を感じるツイートが多く見られました。

 

今井尚哉と飯塚幸三との関係も!

飯塚幸三さんと言えば、池袋で暴走死亡事故を起こしながら、5ヵ月たったいまも逮捕されていない人物。

先日も、犠牲者のご主人が街頭活動で集めた署名が、30万人以上も集まったというニュースを聞いたばかり。

飯塚幸三さんは「今井尚哉さんの先輩通産官僚」と言う立場という関係なのですが。。。

何故か分かりませんが、さっぱり解明されないのですよね。。。

 

まとめ

今回は、

今井尚哉の家族や家系と出身地・学歴と経歴!飯塚幸三との関係も!と題しまして、今井尚哉の家族や家系と出身地・学歴と経歴について、あの飯塚幸三との関係についても迫ってみました。

いろいろしらべてみると、今井氏はかなり仕事ができて、人を説得する能力も優れた人なのだろうということが分かりました。

第一次安倍内閣で退陣後、傷心の安倍総理を慰め励ましたのも今井氏だと言われています。

あのデイベートの得意な橋本徹さんさえ、今井氏の前では完敗だということですからねぇ。。。

今井尚哉氏の力、恐るべし!

それでは今回は、ここまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。