松浦景子のバレエ受賞歴が凄い!何故吉本に?画像や彼氏についても!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



松浦景子さん、今をときめく吉本新喜劇の芸人さんです。

実はこの松浦景子さんは、バレエの凄い受賞歴を持っているのですが、ご存知ですか?

松浦景子さんは、三才からクラシックバレエを始めて、コンクールの入賞歴もある凄い人なんです!

そこで今回は、

松浦景子のバレエ受賞歴が凄い!何故吉本に?画像や彼氏についても!

と題して、松浦景子さんのバレエ受賞歴が凄い、何故吉本に?画像や彼氏のことも調査してみました。

それでは早速、本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

松浦景子のバレエ歴とは

松浦景子プロフィール

本名:松浦景子

出身地:兵庫県伊丹市

生年月日:1994年4月20日

学歴:大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科舞踊コース卒業

特技:クラシックバレエ、ダンス、振り付け

所属:吉本クリエイテブ・エージェンシー

松浦景子さんは、バレエ歴が20年以上もあって、海外からもオファーがきていたくらいの実力者でした。

なんと3才からクラシックバレエの英才教育を受けていたそうなんです。

バレエの受賞歴は凄くて、

  1. 2011年 全国バレエコンクールin NagoyaジュニアC部門チャコット賞
  2. 2012年  NAMUEクラシックバレエコンクール 高校生の部第2位
  3. 2015年 座間全国舞踊コンクールクラシックバレエ部門第1位、審査員特別賞、 チャコット賞
  4. 2015年 FLAP全国バレエコンクール第4位ダンスケイト賞
  5. 2015年 フルール全国バレエコンクールおかやま第4位、ミュンヘン国際サマーワークショップ参加権

こんなにバレエで賞をもらっていた人なんです。

何故吉本に入社したの?

実は、松浦景子さんは、幼少期は若手のホープとしてバレエ界から注目されていました。

そんな松浦景子さんは、何故吉本に入社したのでしょう?

実は、若手のホープとして注目されていた松浦さんですが、身長が伸びないことから徐々にスカウトの人たちが離れていってしまったのです。

ちなみに、松浦さんの身長は152センチ。

バレエでは、身長が肝となる競技なんですね。

体重は自分の努力で何とかなりますが、身長が伸びないのはどうしようもありませんよね。

自分の身長が理由で、バレエの世界で花を咲かせることができないなんて、松浦景子さんも残念だったことでしょうね。

 

そんな中で、松浦景子さんのお父さんが亡くなりました。

松浦家は、お笑いが大好きな家族で、よくお笑いをみんなで見に行く習慣があったのだそうです。

そんな中で育ったわけですから、松浦景子さんも、もちろんお笑いが大好きでした。

だからいつも、バレエもやりながらお笑いもやりたいと考えていたと言います。

将来の選択を迫られたとき、脳裏に浮かんだのはお笑いの道だったということは、お父さんや家族と一緒に楽しんだお笑いが、ずっと心の中にあったのでしょう。

 

周りの友達がバレリーナを目指すなかで、お父さんが病気で倒れて入院。

松浦さんはそんなお父さんに笑ってもらいたくて、録画しておいた新喜劇を見せたり、懸命に看病しました。

お父さんはそんな松浦景子さんの優しい思いやりに、とても感謝し、よく笑ってくれたそうなんです。

松浦景子さんは、そんな笑っているお父さんの表情をみて、新喜劇の魅力に改めて気づいたのでした。

 

松浦景子さんは、関西の出身ですから、昔からお笑い文化で育った関西人。

バレエを諦めて、何故、吉本に入ったのは、人情味があってお年寄りから子供まで誰でも受け入れてくれる吉本を選んだのも、自然な成り行きだった気がします。

きっと、亡くなったお父さんも喜んで応援してくれていることでしょう。

松浦景子さんの画像&彼氏はいるの?

Twitterには、松浦景子さんのさんの可愛いバレリーナ姿が、たくさん寄せられています。

 

このように、松浦景子さんのレオタード姿にみなさんメロメロですね♡

笑顔が最高にキュートでかわいい♡

 

こんなかわいい松浦景子さんに、彼氏がいるのか気になりますよね?

それで調べてみましたが、まだどこにも彼氏の情報はありませんでした。

これから彼氏についての情報が出ましたら、追記していきたいと思っています。

 

笑顔が可愛い松浦景子さんは、これからどんどん羽ばたいて欲しい芸人さんです!!!

まとめ

今回は、

松浦景子のバレエ受賞歴が凄い!何故吉本に?画像や彼氏についても!

と題して、松浦景子さんについて調べてみましたが、いかがでしたでしょうか。

バレエの得意な松浦景子んさの益々の活躍を期待しています。

それでは今回はこの辺で。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク





スポンサーリンク