森田健作の嫁は元ANAスチュワーデス!馴れ初めや政治家は反対だった?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



台風15号で、大変な被害を受けた千葉県。

その千葉県知事である森田健作(もりた・けんさく)知事に批判が集まっています。

県内のほとんどの市町村は9日までに災害対策本部を設置したのに対し、県庁が災害対策本部を設置したのは、10日午前9時になってからでした。

さらに、災害救助法の適用や県職員の現地派遣も12日と、いずれも後手後手に回った感が否めません。

鳴り物入りで千葉県知事になった森田健作さんですが、私生活では元ANAスチュワーデスだった嫁の美子さんと、一人息子さんとのご家族ようです。

今回は、

森田健作の嫁は元ANAスチュワーデス!馴れ初めや政治家は反対だった?と題しまして、森田健作の嫁は元ANAスチュワーデスで、馴れ初めや嫁は政治家になるのを反対していた、ということについて迫ってみたいと思います。

みなさんの参考にして頂けると嬉しいです!

ということで、早速記事に移っていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

森田健作の嫁は元ANAスチュワーデス!

千葉県の森田知事が、台風のさなかに都内で乾杯していたことが分かり、批判されています。

 

乾杯!」と右手で小さなグラスを掲げ、笑顔で祝杯を交わすのは、森田健作千葉県知事(69)と米ウィスコンシン州知事の姿です。

台風15号が関東地方に上陸して、千葉県を襲い、大きな爪痕を残していったのは、この数時間後のことでした。

 

あまりの対応の遅さに、森田知事は病気なのかと疑う声もあるようですが、実は森田知事の対応の遅さはいまに始まったことではないようです。

千葉で長引いている停電に、森田知事は

「電力がなければ県民生活はどうにもならない。東電には不眠不休でやってほしい!」

と自分の対応の悪さは頓着せず、厳しい口調で批判したのです。

そして逆に森田知事がバッシングされる羽目になったのでした。

 

更に今回分かったことですが、森田知事の年休は151日もとっているとか。

森田知事が登庁して職員と話す時間は、なんと1日1時間以下が62日、しかも、その内訳もほとんど10分~20分なのだそうです。

ほんとうに、普段は何をやっているのでしょうね。

 

そんな森田知事のニュースを聴きながら、森田知事が婚約した当時のことを思い出しました。

森田健作さんが結婚した人は、元ANAのスチュワーデス(CA)をしていた人で、2人そろって記者の質問を受けていたのを覚えています。

奥様は、美子さんという方で、それは綺麗な人でした。

美子さんに森田知事が婚約指輪を渡すのですが、美子さんが、

「ジルコン?」

と聞いたことに腹を立て、口をとんがらせていた森田知事の顔が印象的でした。

森田健作の馴れ初めや政治家は反対だった?

森田知事と美子さんの馴れ初めは、情報が見つからないのですが、当時、ワイドショーをリアルで見ていた私の記憶では、奥様の美子さんは政界入りを反対していました。

美子さんは、とても控えめな感じの和風美人でした。

引用元:https://middle-edge.jp/articles/a60VW?page=2

 

1992年に芸能界から政界へ転身を図ります。

そして、衆参両院に連続して当選したのですが、立候補のときに記者に聞かれた美子さんは、政界入りは反対したと話していました。

政治家の妻としてやっていくのはシンドイと思っていたようです。

 

最近の美子さんの画像をみましたが、

 

相変わらず綺麗ですね!

スタイルも笑顔も、全然変わっていない。

ずっとご主人の森田知事を応援してきたのですね。

 

そんな健気な美子夫人は、いまの森田知事批判をどのように受け止めているのでしょう?

お二人には一人息子さんがおられるそうですが、芸能界とは無縁の世界で生活なさっているそうです。

 

森田知事には、今回の批判をしっかり受け止めて仕事をしていただきたいですね。

ただ、森田知事は本当は埼玉で知事になりたかったらしいのですが、千葉が投票率日本で一番低いらしいと聞きつけて、千葉に乗り換えたという話しです。

やっぱり、選挙はいかなくては!

ですねっ?

 

まとめ

今回は、

森田健作の嫁は元ANAスチュワーデス!馴れ初めや政治家は反対だった?と題しまして、森田健作の嫁は元ANAスチュワーデスで、馴れ初めや嫁は政治家になるのを反対していた、ということについて迫ってみました。

政界入りには反対していた妻の美子さんですが、常に森田知事の傍らで政治家の妻の勤めをなさっていたのですね。

そんな美子夫人は、今回の森田知事批判をどのように受け止めているのか気になります。

ということで今回は、ここまでとさせていただきます。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。