村井邦彦はヒロ ムライの父親!妻や子供と学歴と経歴・現在も調査!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは!

10日に、第61回グラミー賞の授賞式が行われました。

グラミー賞は、米音楽界で最高の栄誉とされる賞ですが、最優秀ミュージック・ビデオ部門で栄冠に輝いたのが、東京生まれのヒロ・ムライさん。

ヒロ・ムライさんの父は、作曲家の村井邦彦さん。

今回は、「翼をください」ください」を世に送った作曲家にフォーカスしてみたいと思います。

題しまして、

村井邦彦はヒロ ムライの父親!妻や子供と学歴と経歴・現在も調査!

ということで、村井邦彦はヒロ ムライの父親!妻や子供と学歴と経歴・現在も調査!について調査しましたので、ご参考になれば幸いです。

それでは早速、本題に行ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

村井邦彦はヒロ ムライの父親!


読売新聞のニュースはこちら。

【ロサンゼルス=久保庭総一郎】米音楽界で最高の栄誉とされる第61回グラミー賞の授賞式が10日(日本時間11日)、ロサンゼルスで始まった。東京生まれのヒロ・ムライさんが監督した音楽ビデオが、最優秀ミュージック・ビデオ部門で栄冠に輝いた。

受賞作は、人気アーティスト、チャイルディッシュ・ガンビーノさんの楽曲「ディス・イズ・アメリカ」の音楽ビデオ。銃撃シーンなどがあり、米社会の様々な問題を示唆する作品とされ、大きな話題を呼んだ。

ムライさんは1983年生まれで、父は「翼をください」などを手がけた作曲家の村井邦彦さん。9歳の時に一家で渡米し、現地で映像ディレクターとして活躍している。

引用元:読売新聞オンライン

9日のローザンヌでの日本人のバレリーナ3人の入賞に続き、今日は、アメリカ音楽界で最高の栄誉とされるグラミー賞に、日本人の名前が輝きました。

ヒロ・ムライというカタカナ名から、一瞬、ハーフの方かなと思ったのですが、生粋の日本人。

なんとあの、「翼をください」を作曲した、村井邦彦さんの息子さんだそうです!

ヒロ・ムライさん、村井邦彦さん、おめでとうございます!

ネットでも祝福のツイートがたくさんされています。


このように、皆さん、ヒロ・ムライさんの快挙に拍手を送っています。

また、ヒロ・ムライさんが村井邦彦さんのお子さんだと知った方から驚きの声が!

ここで改めて、村井邦彦さんのプライベートに迫ってみたいと思います。

妻や子供と学歴と経歴・現在も調査!

名前       村井邦彦(むらい・くにひこ)

生年月日     1943年3月4日

年齢       75歳

出身地      東京都

職業       プロデューサー・作曲家・編曲家

活動期間     1967~現在

学歴       慶応義塾大学卒業

 

村井邦彦は、1960年代の後半、グループサウンズの全盛時代に作曲家としてデビューしました。

現在は、ご家族でロサンゼルスに住んでいますが、月刊誌にコラムを連載するなど、精力的に仕事をしています。

奥様と村井邦彦さんが一緒の写真が見つかりましたので、公開します。

引用元:https://ameblo.jp/5-20-2/entry-12357717205.html

奥様の情報は、ネットで探しましたが見つかりませんでした。

村井さんは、 23歳で売れっ子作曲家になり、ひたすら曲を書き続ける日々だったそうです。

それが、現在まで続いているのですから、才能って凄いですよね。

子供のときのご家庭は、音楽をお仕事にしている人はいなかったそうですが、ピアノが家にあったので、弾いて遊んでいたと話しています。

ご自身が作曲した「翼をください」は有名ですが、テンプターズの「エメラルドの伝説」も印象に残っている曲だそうです。

萩原健一が膝まづいて謳った「エメラルドの伝説」

わたしも覚えています。

テンプターズ、素敵でしたよね~。

まさか、村井邦彦さんが、曲の提供をしていたとは、知りませんでした。

大学卒業した23歳から売れっ子作曲家の村井邦彦さんは、最近ではクラシックに興味を持っていると話しています。

最近は、電気で増幅した音にすごく弱くなったというか嫌で、クラシックを聴く機会が多くなったそうです。

現在も作曲家としてTVドラマ音楽の制作など精力的にご活躍されている村井さん。

今後も心に残る素晴らしい楽曲を作り続けてください!

 

▼こちらも合わせてどうぞ!

 

まとめ

今回は、

村井邦彦はヒロ ムライの父親!妻や子供と学歴と経歴・現在も調査!

ということで、村井邦彦はヒロ ムライの父親!妻や子供と学歴と経歴・現在も調査!について調査しましたが、いかがでしたでしょうか?

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。