浅利慶太の家族は妻と息子?学歴・経歴と死因も調査!エピソードや名言も!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは!

NHK「アンコール、あの人に会いたい」で浅利慶太(あさり・けいた)氏が取り上げられました。

浅利慶太さんというと、劇団四季の立役者として、有名な方ですよね。

劇団運営は初めのころは、火の車だったそうです。

そんな時、「ウエストサイド物語」に出会い、ミュージカルの可能性に目覚めたのです。

昭和58年には「キャッツ」のロングラン公演に成功し、名演出家の名を不動のものとしました。

昨年の7月に惜しまれながら亡くなりました。

今回は、浅利慶太さんの家族にスポットを当てながら彼の生涯に迫ってみたいと思います。

題しまして、

浅利慶太の家族は妻と息子?学歴・経歴と死因も調査!エピソードや名言も!

ということで、浅利慶太の家族は妻と息子はいるのか、学歴や経歴と死因も調査、エピソードや名言も!ということで調査してみたいと思います。

ご参考になれば幸いです。

それでは早速、本題に行ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

浅利慶太の家族は妻と息子

 

浅利慶太プロフィール

名前       浅利慶太(あさり・けいた)

生年月日     1933年3月16日

年齢       享年85歳

出身地      東京

学歴       慶応大学部学部中退

所属       浅利慶太演出事務所

 

浅利慶太さんには、三度の結婚歴があります。

三人とも全員、劇団四季の女優さんでした。

★最初の妻は、藤野節子さん。

浅利さんより、5歳年上でした。

劇団四季の創設にかかわったひと。

1986年5月に癌で亡くなっています。

★二番目の妻は、影万里江さん。

影万里江さんは、浅利さんより二歳年下。

劇団四季の主演女優として活躍しました。

浅利さんと離婚してもパートナー関係を続けたのは有名な話です。

影さんは45歳のときに脳腫瘍を併発し、亡くなっています。

影さんの遺骨は、浅利さんの自宅の墓に葬られています。

 

★そして、最後の奥様が、野村玲子(のむら・りょうこ)さん。

2003年に結婚しました。


奥様は、いまも女優業をしているのですね。

浅利さんは、三度結婚しましたが、どの方ともお子さんはありません。

 

ネットを検索すると、浅利慶太 息子 のキーワードが表示されます。

皆さん、浅利慶太さんにお子さんがいるか、関心がおありだということですよね。

俳優に浅利陽介さんという方がいますが、この方が息子さんだと勘違いされているようです。


名前や年齢などから誤解されているようですが、残念ながら、息子さんではありません。

浅利慶太の家族は妻と息子?:学歴・経歴と死因も調査!

日本にミュージカル文化を定着させた浅利慶太さんですが、晩年は病魔に犯されました。

劇団四季が60周年を迎えた2014年。

浅利さんが突然の引退を発表しました。

実は、その6~7年麻前から、認知症の疑いがありました。

妻の野村玲子さんによれば、浅利氏が日本語を話せない外国人女優に日本語で必死に話しかけ。

また、旧知の作曲家の名前を思い出せなかったりすることもあったらしいです。

輝かしい学歴と経歴をもった浅利慶太さんでも、年齢による衰えには勝てなかったのでしょう。

そして、昨年の7月に悪性リンパ腫のために、お亡くなりになります。

享年、85歳でした。

浅利慶太の家族は妻と息子?:エピソードや名言も!

劇団四季出身の俳優・市村正親は、浅利慶太さんからたくさんの金言を貰ったと語っています。

石村さんによると、浅利さんは、

「ほめて、ほめて、びしっと叱る。叱ってこっちが傷ついているとすっと上げてくれるんですね」

指導がとても上手だったと振り返っています。

  • 役者っていうのは女優の斜め後ろに立て
  • 役者は役を必死に生きていれば、役の仮面が透けて役者の顔が見えてくる
  • 芝居の演技っていうのは、蓮の上の水玉のようなものだ
  • どう動かしてもキラキラしていて同じ形は二度としていない

このような名言を浅利さんから受け、その真意をつかむのに努力したと、市村さんは語っています。

また、「人の時計をのぞくな」ともたしなめられたと言います。

これは、他人と比較するな、わが道を行けという教えでしょうか。

市村さんは、浅利さんが残してくれた言葉を自分なりに、後輩たちにも残していきたいと語っています。

浅利慶太の家族は妻と息子?:まとめ

今回は、

浅利慶太の家族は妻と息子?学歴・経歴と死因も調査!エピソードや名言も!

ということで、浅利慶太の家族は妻と息子はいるのか、学歴や経歴と死因も調査、エピソードや名言も!ということで調査してみました。

NHK「アンコール、あの人に会いたい」で浅利慶太(あさり・けいた)氏が取り上げられました。

浅利慶太さんというと、劇団四季の立役者として、有名な方ですよね。

劇団運営は初めのころは、火の車だったそうです。

そんな時、「ウエストサイド物語」に出会い、ミュージカルの可能性に目覚めたのです。

昭和58年には「キャッツ」のロングラン公演に成功し、名演出家の名を不動のものとしました。

昨年の7月に惜しまれながら亡くなりました。

今回は、浅利慶太さんの家族にスポットを当てながら彼の生涯に迫ってみました。

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。