MENU
暮らし

咳止め薬の不足はなぜで原因は?いつまで品薄が続くかも調査!

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

テレビや新聞などで咳止め薬の不足が話題となっています。

薬の不足は時々話題となりますが、今現在なぜ咳止め薬が不足しているのでしょうか。

その原因や品薄の状況は一体いつまで続くのでしょうか。

感染症などの本格的な流行期を前に、その状況が気になります。

今回は『咳止め薬の不足はなぜで原因は?いつまで品薄が続くかも調査!』と題して、詳しく調べてみました。

咳止め薬の不足はなぜで原因は?

咳止め薬がなぜ不足しているかについて原因は、

  1. ジェネリック医薬品の品質不正問題
  2. コロナとインフルエンザの流行
  3. 風邪の流行
  4. 薬価が安い

以上の4つが考えられます。

それでは一つずつ詳しく見ていきましょう。

原因①ジェネリック医薬品の品質不正問題

数年前からジェネリック医薬品の不正問題が発覚して、業務停止命令などによって医薬品の製造が停止となる製薬会社が出ています。

その一連の出来事で、咳止め薬の製造が停止になっている製薬会社があり供給不足となっている状況があるようです。

製造停止となってしまうと必然的に咳止め薬の供給が減少してしまうので、品薄状態を招く一つの原因になっていることが考えられます。

原因②コロナとインフルエンザの同時流行

少し前から新型コロナウイルスとインフルエンザが、全国各地で猛威を奮い同時流行しています。

それによって、咳症状を訴える患者さんも急増し咳止め薬の処方が増加している現状があります。

原因①で述べたように供給量の減少があるにもかかわらず需要の増加がある為、品薄となる一つの原因となっているようです。

原因③風邪の流行

原因②と似ていますが、現在寒暖差などによって所謂一般的な風邪も流行してきています。

咳症状を訴える患者さんが増加していて、日々医療機関では咳止め薬が必要とされ処方されているようです。

原因④薬価が安い

咳止め薬ですが、現在後発医薬品であるジェネリック医薬品も多く出ています。

ジェネリック医薬品を製造するメーカーが増えてくると市場の原理が働くことで、薬の価格である薬価が下がり安くなるようです。

その為、薬価が安く儲からない薬は製造したがらないメーカーが増えてくるという事実もあるようです。

そのことが、咳止め薬の品薄という状況に拍車を掛け供給量が減ってしまっている部分もあるようです。

咳止め薬の品薄はいつまで続く?

咳止め薬の品薄がいつまで続くのかですが、現段階では『見通しが立っていない』状況のようです。

日に日に寒さが増してきて、感染症の本格的な流行期に入りつつあるこの時期に、咳止め薬の不足というのは心配ですよね。

咳が出て病院に行っても薬局に薬がないことで処方してもらえなかったり、貰える薬の量に制限がかかったりと実際に困っている方も多いようです。

ただでさえ供給量が減少していて需要が増加している中なので、簡単には改善されないこともわかります。

この『見通しが立っていない』という状況が、早く改善されることを願いたいですね。

それと同時に、個人にできることとして感染症や風邪に罹らないよう対策をすることも大切となってきそうです。

まとめ

今回は『咳止め薬の不足はなぜで原因は?いつまで品薄が続くかも調査!』ということでまとめてみました。

咳止め薬がなぜ不足しているかについて原因は

  1. ジェネリック医薬品の品質不正問題
  2. コロナとインフルエンザの流行
  3. 風邪の流行
  4. 薬価が安い

以上の4つが考えられます。

また、この咳止め薬の品薄という状況がいつまで続くのかに関しては、『現段階では見通しが立っていない』状況のようです。

冬も近づき寒さも本格化してくると、インフルエンザをはじめとする感染症が更に流行期に突入すると予想されます。

咳止め薬の品薄という状況の早期改善が待たれます。