桐谷広人の血液型と学歴や経歴家族構成!消費増税時代の株戦略とは?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



株主優待で優雅な生活していることで有名な元将棋棋士の桐谷広人さん。

バラエティ番組にも出演し、株主優待でもらったという自転車に颯爽と乗っていた桐谷さん。

なんとなく飄々とした感じがただのおじさんっぽいですが、実は、元プロ将棋棋士の顔も持っているんです。

今回は、そんな桐谷さんについて迫ってみたいと思います。

題しまして、

桐谷広人の血液型と学歴や経歴家族構成!消費増税時代の株戦略とは?ということで、桐谷広人の血液型と学歴や経歴家族構成について、桐谷さんがお薦めする消費増税時代の株戦略とは?についてまとめてみました。

みなさんの参考にして頂けると嬉しいです!

ということで、早速記事に移っていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

桐谷広人の血液型と学歴や経歴家族構成!

桐谷広人(きりたに・ひろと)さんは、1949年10月15日生まれ。

2019年9月23日現在で、69歳です。

出身は広島県竹原市で、将棋棋士になるために同郷の舛田幸三の弟子となります。

そして、1975年7月14日に25歳でプロ棋士となることができました。

桐谷さんは研究派の棋士で、つけられたあだ名は「コンピューター桐谷」

そして、通算成績327勝483敗を残し、2007年に棋士を引退しました。

引退した桐谷さんは、それまで独学で学んでいた株式投資に熱中します。

桐谷さんの元には、分散投資している株主からの優待券がさまざま届きますが、驚くのはその記憶力で、届いた商品券の使用期限を全て把握しているということです。

どんなに頭がいい方なんでしょうね。

 

そこで桐谷さんの血液型を調べてみましたが、残念ながら情報はありませんでした。

しかし、これまでの桐谷さんの経歴から推察すると、桐谷さんは、大きな失敗や挫折があってもコツコツと復活するという人生を送られてきた方のような気がします。

また、株主優待を目当てに株式投資するには、いろいろ細かいことに注意する必要がある。

ということから、桐谷さんの血液型は几帳面といわれるA型、と想像しますがいかがでしょう?

 

桐谷さんの学歴ですが、高校名は不明ですが、1965年に4月に入学し、1968年3月に卒業されています。

大学は駒澤大学に入学しましたが、中退しました。

中退の理由ですが、桐谷さんは18歳で日本将棋連盟のプロ棋士養成機関である奨励会に入っているのです。

そのため、大学生活よりプロ棋士の道を進むことを選んだのかもしれませんね。

桐谷さんの家族構成は、父親・母親・桐谷さん・妹となっています。

父親・母親・妹については、一般人のため情報はありませんでしたが、桐谷さんがリーマンショックで大損失を出したときに、父親が老後資金として貯めていた3000万円を差し出してくれた、そんな情報があります。

また、妹さんも300万円を兄のために振り込んでくれたそうです。

家族全員で、桐谷家の長男である桐谷さんを支援したのですね。

お金のことで、バラバラになる家族がいる中、桐谷家の結束は凄いなと心から思います。

桐谷さんは、どんなに感謝したことでしょうね。

消費増税時代の株戦略とは?

増税で生活が苦しくなるとか、老後が心配という方は、優待株の分散投資がお薦めですよ~と、桐谷さんは語っています。

桐谷さんが力説する、株主優待投資の妙味。

それは、優待株を所有していると配当とは別に特典が与えられるからなんです!

桐谷さんは言います。

  • 優待株ではほとんどの場合、保有する株の数によって特典は変わりません。つまり、最小単位だけ購入すればいい。
  • ポイントは、同じ株を買うのではなく、資金は別の優待株に振り分けて、小口でたくさんの株を保有するようポートフォリオを組んでいくんです

引用元::月刊SPA!

桐谷さんは、優待株は近年まれに見る買い時なんです!と力説しています。

いまは、配当だけで4%以上ある企業が300~400銘柄あるそうで、これは凄いと。

1~2年前までは4%以上という企業は30銘柄くらいしかなかったそうですから、確かに買い時なのかもしれませんね。

5万円の投資でクオカードが1000円もらえて、配当も1000円つくという企業が結構あるそうです。

桐谷さんのところには、毎日のように企業からの特典が届くそうで、それを消費する生活を楽しんでいるそうです。

あなたも一歩、踏み出してみます?

まとめ

今回は、

桐谷広人の血液型と学歴や経歴家族構成!消費増税時代の株戦略とは?ということで、桐谷広人の血液型と学歴や経歴家族構成について、桐谷さんがお薦めする消費増税時代の株戦略とは?についてまとめてみました。

それでは今回は、ここまでとさせていただきます。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。