角野栄子の出身と学歴や経歴は?夫や娘・両親と離婚の噂についても!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



魔女の宅急便の作者、角野栄子(かどの・えいこ)さんは、赤を印象的に着こなすことでも有名です。

夫がデザイナーで、娘さんのリオさんがファッションのアドバイザーを担当してくれているそうです。

御年84歳のいまでも、現役バリバリで明るく笑顔の絶えない角野さんは、これまで200冊以上の著作を発表されたそうですよ!

今回は、

角野栄子の出身と学歴や経歴は?夫や娘・両親と離婚の噂についても!

と題しまして、

  • 角野栄子の出身と学歴や経歴は?
  • 角野栄子の夫や娘と両親について
  • 角野栄子の離婚の噂とは?

ということについて迫ってみたいと思います。

みなさんの参考にして頂けると嬉しいです!

それでは早速、本題に行ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

角野栄子の出身と学歴や経歴は?

角野栄子さんのプロフィールはこのようになっています。

名前       角野栄子(かどの・えいこ)

生年月日     1935年1月1日

年齢       84歳((2019年9月時点))

出身地      東京都

職業       児童文学作家

学歴       早稲田大学教育学部英語英文学科

経歴       24歳の時からブラジルに2年間滞在し、その体験をもとにしたノンフィクション「ルイジンニョ少年―ブラジルをたずねて―」で作家としてデビュー。

作品       「ズボン船長さんの話」「小さなおばけ」シリーズ、「魔女の宅急便」「ぼくびょうきじゃないよ」「おだんごスープ」「ラストラン」など多数。

受賞歴      産経児童出版文化賞大賞、路傍の石文学賞、旺文社児童文学賞、野間児童文芸賞、小学館文学賞、IBBYオナーリスト文学賞など多数受賞。

角野さんは、大学卒業後、紀伊國屋書店出版部に勤務し一年ほどで結婚。

その後、ブラジルに2年間滞在した体験が、デビュー作の「ルイジンニョ少年―ブラジルをたずねて―」を生み出しています。

 

角野栄子の夫や娘・両親

角野栄子さんの出身は東京都。

母親が5歳のときに亡くなり、孤独を感じていた角野さんの楽しみは、父親が寝る前やご飯の後に話してくれる物語でした。

姉や弟はいたものの、母親を亡くして不安な気持ちでいるときに、父親が話してくれる「桃太郎」や「宮本武蔵」のお話がとても楽しみだったと振り返っています。

とても粋のいい独特の節回しで物語を語るお父さん。

その様子がとても楽しそうで、子供こころに嬉しかったと角野さんは振り返ります。

角野さんの明るいポジィテブな性格も、父親から受け継いだものかもしれませんね。

 

角野さんのご主人(夫)は、デザイナーをしています。

そして、娘さんはリオさんと仰って、角野さんの創作の源となっている人。

お洒落のアドバイスも娘さんからで、洋服のコーディネイトも娘さんがしてくれるそうです。

赤を印象的に着こなす角野さんに、憧れるファンも多いと聞きます。

赤を着始めたのは、42歳のときからで、大勢集まる席にたまたま赤い服を着ていったら、隣り合わせた画家に「よく似あう」と褒められたことがきっかけとなりました。

もともとお洒落は大好きだったのですが、学生時代は父親が厳しくて、紺とかグレーしか着せてもらえなかった。

なので、明るい色を好むのは、その反動なのかもしれませんね、と話す角野さんです。

 

角野栄子の離婚の噂とは?

ところで、ネットで検索すると、「角野栄子 離婚」のキーワードが出てくるので気になっていました。

角野栄子さんに離婚の過去があったの?

と一瞬思いましたが、全くのデタラメ。

Wikipediaにも、各メディアにも離婚の記述はありません。

どこから湧いた話なのか分かりませんが、根拠のない話はやめて欲しいものです。

角野さんは、作詞もなさっているのですね♪

角野さんの創作意欲は全く衰えることなく、これから書きたい長編が2つあるそうです。

その一つが父親の孝作さんの物語。

父の話を講演やエッセーで時々するから、近しい編集者や友人からぜひ、書きなさいってすすめられるんですよ

引用元:産経ニュース

子供思いで、のんびり屋でお洒落だった孝作さんが生きた、昭和の時代を描くつもりだということです。

角野さんの想像力の源となった父親は、どんな人だったのでしょう。

どんな作品ができあがるのか、とても楽しみです!

 

まとめ

今回は、

角野栄子の出身と学歴や経歴は?夫や娘・両親と離婚の噂についても!

と題しまして、

  • 角野栄子の出身と学歴や経歴は?
  • 角野栄子の夫や娘と両親について
  • 角野栄子の離婚の噂とは?

ということについて迫ってみました。

御年84歳のいまでも、現役バリバリで明るく笑顔の絶えない角野さん。

明るく暮らすコツは、ネガティブなことは言わないという姿勢にあるようです。

物語もハッピーエンドが好きと仰っています。

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。